未来報|フューチャー株式会社
「お客様にとって最適解は何か」 プロフェッショナルとしてのやりがいと自由な選択肢
見出し画像

「お客様にとって最適解は何か」 プロフェッショナルとしてのやりがいと自由な選択肢

未来報|フューチャー株式会社

フューチャーではダイバーシティ&インクルージョンの実現のために、女性の活躍を推進しています。

今回は2018年にキャリア入社した松田 春佳(まつだ はるか)さんにお話を伺いました。新卒で入ったのは事業会社。そこからITコンサルタントへの転身という大きな意思決定を行った理由に迫りました。また、フューチャーの魅力などもお伺いしていきます。

松田 春佳  2018 年キャリア入社
国内大手の物流企業に新卒入社。30歳を迎えたころに確かなスキルと専門性を身につけたいとフューチャーに転職。入社後はIT の基礎力をつけ、要件定義、設計、テストなどを複数のプロジェクトで経験。昨年からはビジネスコンサルティンググループに異動して、より難度の高い案件に挑戦中。

30歳を機に、キャリアチェンジに挑む

真面目で、堅実。自分のキャラクターを考えると、歴史のある安定した会社が合っているだろう。そんな想いから、国内大手の物流企業に新卒入社した私は、いわゆるゼネラリストとしてのキャリアを歩んでいました。そんな私がキャリアチェンジをしようと決意したのは、30歳のとき。ゼネラリストとしてではなく、確かなスキルと専門性を身につけたい。自分らしい選択肢のあるキャリアを歩みたい。そうした想いからのチャレンジでした。女性としてのライフイベントも意識すると、確かな自分の価値を築く必要があると考えたのです。

ITの世界を選んだのは、前職時代に参画した新規サービスの立ち上げプロジェクトがきっかけでした。システムの要件定義や、業務フローの構築、開発ベンダーのコントロールを任される中で、ITスキルの重要性を痛感させられたのです。フューチャーに魅力を感じたのは、経営とITの両面に関わることができ、価値の提案から具現化までを一気通貫で担える点でした。絵に描いた餅で終わることなく、お客様の成功にコミットする。ここでなら、自分らしいキャリアを歩める。選考の段階から、確信めいたものを感じていました。

「ないものはつくる」カルチャーが最大の魅力

入社後は、金融業界のプロジェクトに配属。そこで基礎を学んだ後、アパレル業界のプロジェクトにアサインされました。入社後すぐに衝撃を受けたのは、フューチャーのカルチャーです。誰もが「お客様にとっての最適解は何か」を本質的に考え、前例を踏襲することがない。メンバー同士の関係もフラットで、忌憚なく意見をぶつけ合える。自分の知見を周囲に還元しようという意識も強く、チームが団結して新しいことにチャレンジしていける。こうした環境で働けることは、とても刺激的なことでした。新卒1年目の社員からベテラン勢までひとりひとりが自主性を持ち、よりよい価値提供をしようと取り組んでいると感じます。キャッチアップ期間は畑違いの転職で苦労もありましたが、仲間やお客様から感謝されることが、何よりのモチベーションにつながっていました。

そして、何より魅力的に感じるのは、フューチャーが多様性を重視していることです。ライフステージによって、時短勤務や成果比率型雇用などの選択肢も充実していますし、個々の状況に合った対応をしていく柔軟さや、見合った制度がなければ作ればいいという発想は他の企業では考えられないと思います。ライフイベントやライフステージの変化を考えたときに、柔軟性に富んでいることは女性にとって大きな支えとなります。「ないものはつくる」という精神が、仕事に限定したものではなく、真のカルチャーになっているのでしょうね。また評価も本当にフラットです。まさに文字通りの360度評価が実施されており、しがらみなどはありません。ブラックボックスではなく、納得感があることで安心して業務に取り組むことができます。

コンサルタントとして、プロフェッショナリティーを磨く

現在は、ビジネスコンサルティンググループに異動し、教育業を営むお客様の新規サービス立ち上げにPMOの立場として支援を行っています。この部署への異動は、将来のキャリアを見据え、自ら手を挙げての決断でした。ビジネスコンサルティンググループはフューチャーの培ってきたビジネス・業務・ITのノウハウや知見を凝縮する形で構成されたグループで、常に先頭に立ってプロジェクトの全体構想や推進支援を進めていく立場です。事業会社出身の強みを活かしつつ、ビジネスや業務、ITのすべての視点をもってお客様の価値向上につながる提案をしていきたいと考えアサインを希望しました。

また、もともとは時間を気にせず働いて成長したいと思っていたのですが、結婚を機に少し家庭とのバランスをとりたいと考えるようになりました。環境や考えの変化がある中でその人のライフステージに合わせて働き方を変えられる柔軟性がフューチャーの良いところ。私の意向に真摯に耳を傾け、共に考え、ビジネスコンサルティンググループという活躍の場を用意してくれた今のリーダーや会社には心から感謝しています。ここでしっかりと成果を出すことで、仕事とプライベートを両立し、自分らしい人生を送ることが今後の目標です。

私は関東圏以外に実家があるため、将来介護などの理由で両親の近くに住みたいと考える日が来るかもしれません。そうなったとしても個々の事情に合わせた多様な働き方を尊重してくれるカルチャーがあり、勤務地に縛られずどこからでも働くことが可能なのはフューチャーの魅力ですが、それは社員全員がプロフェッショナルであるからこそ。自分が自分らしく柔軟な働き方や選択肢を選べるのはコンサルタントとしての専門性を常に磨いているからです。信頼される価値を生み出すことができなければ、プロジェクトにアサインされることもありません。業務面を知り尽くし、ビジネスとITの双方からお客様を支援し続けること。お客様のニーズを引き出すコミュニケーションを磨き続けること。今ある強みをさらに伸ばすことで、お客様の課題を解決できる、選ばれるコンサルタントを目指していきたいです。

この記事は採用HPと連動しているインタビュー記事です。ぜひ採用HPもご覧ください。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでも情報発信しています!

未来報|フューチャー株式会社
フューチャー株式会社(フューチャーアーキテクト)です。テクノロジーで企業や社会の新たな未来価値をデザインし創造しています。未来に向けて挑戦を続けるフューチャーの人、カルチャー、イベントなどを紹介します! https://www.future.co.jp/recruit